洗浄機

HOME > 洗浄機 > 減圧・真空乾燥機MRVD-600

減圧・真空乾燥機
MRVD-600

真空ポンプを運転し、真空チャンバー容器をまず半真空状態にして、加温されたエアをワークに直接吹き付けることでワークの加温・付着水分の荒取り乾燥を行います。次に、全真空運転に切替えて水の沸点を低下させて、ワークに付着残留の水分を蒸発拡散させて完全乾燥を行います。

減圧・真空乾燥機MRVD-600

減圧・真空乾燥機の特長(メリット)

安定した減圧真空乾燥運転

本機に搭載の真空ポンプは、実績と信頼性の高いルーツタイプを採用しており、安定した減圧真空乾燥運転が可能

短時間で乾燥が可能

常温のワークでも短い時間で乾燥が可能な減圧・真空乾燥システムを採用

加熱ヒータを標準装備

常温のワークあるいは乾燥促進のため、加熱ヒータ(輻射ヒータと底部熱板ヒータ)を標準装備

減圧・真空乾燥機イメージ

減圧・真空乾燥工程のイメージ

性能

型式 減圧・真空乾燥機MRVD-600
乾燥方 減圧真空乾燥法(真空下における水分蒸発)
対象ワーク 金属系の加工部品など
(適用寸法 : max. 400(W)×300(D)×300(H)
真空ポンプ 型式 : 小型4段式(1.5KW)
口径 : 25A
最大到達真空圧力: 10 Torr
排気速度 : 770L/min. at 2800 R/M
真空到達速度 : 25sec.(140L容器にて)
真空チャンバー SUS製、 円筒型溶接構造 、上下昇降式(エアCYL.駆動)
チャンバー寸法 : φ600×550H(140L)
ワーク加熱器 輻射加熱ヒータ : 4KW
底部加熱熱板ヒータ : 2KW
装置外形寸法 950(W)×1200(D)×2270(H)
電源、容量 AC200V 50/60HZ × 3φ 10KW

機械寸法

減圧・真空乾燥機MRVD-600機械寸法

製品のより詳しい情報は…

皆様の作業内容、作業環境に合わせて最適なカスタマイズを行います。
まずはお気軽に皆様のご要望をお聞かせください。

カタログダウンロード

「減圧・真空乾燥機MRVD-600」カタログダウンロードページへ

お問い合わせ・資料請求 MORIGO SEIKI
〒674-0093 兵庫県明石市二見町南二見10番2

装置事業部
Tel:(078)944-0808
Fax:(078)944-0806

油圧事業部
Tel:(078)944-0805
Fax:(078)944-0555

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求