関連用語集

HOME > 関連用語集

関連用語集

洗浄機の稼動や、部品洗浄過程で頻繁に使われる用語を掲載いたしました。
「今まで日常的に使ってはいるものの、用語の定義はしっかりと分かっていない」。そんな言葉はありませんか?こちらで、部品洗浄に関する用語をお調べになってはいかがでしょうか?

か行

カートリッジヒーターかーとりっじひーたー
cartridge heater
金属部本体に挿入して加熱を行うインサート型のヒーター。アルミプレート等に挿入してプレートヒーターとして使用する。
回転式洗浄かいてんしきせんじょう
rotary cleaning
小物部品等を洗浄するのに適したもので、回転カゴの中に被洗浄物を入れて浸漬液中または洗浄液をシャワーリングしながらカゴを回転して行う洗浄方法。バレル洗浄ともいう。
参考語:バレル洗浄
界面活性剤かいめんかっせいざい
surfactant/surface active agent
液体の表面には、常にその表面積を減少しようとする力が働いており、これは液体表面で液体分子相互の凝集力に均衡が取れず、液体表面の分子が液体内部に向かう引力の作用を受け、できるだけ表面積を縮小せしめようとすることに基づくもので、これを表面張力といい、二相の界面に作用する力を界面張力と呼ぶ。純粋な液体に他の物質を溶かしていくと表面張力に変化が現れ、液体の表面張力を減少せしめるような場合、これを界面活性と呼び、このような性質を持っている物質を界面活性剤という。界面活性剤の基礎的性質には、湿潤、浸透、濡れ、分散、乳化、可溶化、起泡と消泡、洗浄等があり、これらの性質を応用して多くの産業で利用されている。
参考語:アニオン界面活性剤、HLB
カウリブタノール値かうりぶたのーるち
Kauri-Butanol value
洗浄剤で用いられるカウリブタノール値(KB値)は、塗料溶剤用途である各種石油シンナーの塗料用樹脂に対する溶解力を試験する方法を流用したものである。カウリガムはロジン系化合物を含む天然松やにの総称で、ロジン系化合物がハンダペーストの成分の一つとして汎用的に用いられていることから、、NASAでハンダペーストの洗浄剤の評価指標としてKB値を推奨したのが始まりである。従ってKB値はハンダ汚れに適合する数値であり、この値が大きいほど洗浄力があるといえる。一方、水溶性やイオン性汚れの評価には適合しないため、KB値が大きいほど全ての汚れに対し洗浄力が強いとは限らない。しかし、カウリガムは汚れの中でも除去難度が高いので、KB値が大きい洗浄剤は、工業上の多くの汚れ除去に効果的と判断できるため「KB値大=洗浄力大」として評価しても妥当であるとされている。 参考語:アニリン点、SP値
化学的洗浄かがくてきせんじょう
chemical cleaning
酸やアルカリ水溶液、溶剤等を硬表面に接触させ、化学的作用によって汚れを溶解または剥離させて異物を除去する方法である。
具体的には(1)アルカリ脱脂洗浄(2)洗剤洗浄(3)溶剤洗浄(4)硝酸・フッ酸洗浄(5)酸洗浄 等がある。
化管法かかんほう
→特定科学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律
(PRTR法)
活性炭かっせいたん
activated carbon
炭素物質を原料として高温でガスや薬品と反応させて作られる微細孔を持つ炭素で木炭、ヤシガラ等を原料として特殊処理を施したもの。これを充填したフィルターに液体(気体)を通して活性炭と接触させることにより不純物を吸着、除去する。VOC(揮発性有機化合物)、有機塩素系化合物(トリクロロエチレン、トリクロロエタン、テトラクロロエチレン他)等の除去ができる。
参考語:揮発性有機化合物
可燃性かねんせい
combustibility/flammability/inflammability
空気中または酸素中で着火源(炎、火花、加熱物体、静電気等)がある場合、それによって燃焼が起こる性質をいう。可燃性物質には揮発性があり、蒸気圧があるため、燃焼が起こるのに必要なガス濃度、すなわち可燃性限界値がある。可燃性限界値には下限値と上限値があり、一般に1気圧、常温において空気と混合気中の可燃性ガスの容量%で示される。
参考語:引火性、引火点、着火源
可溶化かようか
solubilization
界面活性剤水溶液は、ある程度以上になると水に溶け難い物質、例えば炭化水素、染料、長鎖アルコール、脂肪族等を水に溶けやすくする作用がある。これは添加した難溶性物質の分子が界面活性剤のミセル中へ拡散して、系の自由エネルギーを低下させて熱力学的に安定な溶液を形成するためであり、この現象を可溶化という。可溶化現象において、可溶化作用を示す界面活性剤を可溶化剤と呼んでいる。
参考語:界面活性剤、ミセル
機能水きのうすい
functional water
機能水の明確な定義はないが、一般的には通常の水に何らかの処理を施し、機能化された水を機能水と称している。洗浄分野では、超純水にガス(オゾン、水素等)を溶解したもの、直接電解によるカソード、アノード水、希釈薬液(アンモニア、希フッ酸等)を添加したものが使用されている。金属除去、有機物除去、微粒子除去、リンスに効果があり、またいずれも大がかりな廃液処理装置がいらないことから環境にやさしい洗浄液として広がりを見せている。
参考語:超純水
揮発性溶剤きはつせいようざい
volatile solvent
溶剤のうち、一般に常温で高い蒸気圧を持ち、常圧で沸点の低いものをいう。揮発性溶剤は沸点が低いため引火しやすいものも多く、さらに蒸気の吸入による健康障害の発生も懸念されるので、これらの使用の際には火気の使用や換気などに十分注意を払う必要がある。
逆止弁ぎゃくしべん
check valve
流体の背圧によって弁の部分が動き、逆流を防ぐバルブ。洗浄装置では、ポンプ吐出側と洗浄槽との間の配管に設置し、装置停止後、洗浄槽からの逆流を防止するために使用する。
参考語:バルブ
キャビテーション現象きゃびてーしょんげんしょう
cavitation phenomena
超音波は普通の音と同様に疎密波(弾性波)であり、水中に照射すると圧力変動(加圧・減圧)が伝わっていく。この時、水中のある1点の圧力変動を観察すると、静圧を中心として圧力の増減が起こる。また超音波を強くし、圧力振幅を静圧以上にすると、減圧側で負の圧力が生じることになる。しかし、負の圧力は実在しないので水を引き裂く力が働き、真空の空洞ができる。このようにしてできた空洞は、次の加圧(圧縮)によって潰され消失するが、この時に引き裂かれた水同士が激しくぶつかり合うので、非常に大きな衝撃的圧力が発生する。これがキャビテーション現象と呼ばれるもので、これにより発生した物理力が超音波洗浄に寄与している。
屈折計くっせつけい
refractometer
物質の屈折率を測定する計測器。屈折率とは光の真空中の速度と媒質中の位相速度の比。
参考語:Brix値
グリーン調達ぐりーんちょうたつ
green procurement
製品、サービス等を購入、利用するときに環境への負荷ができるだけ小さい商品を優先的に選択、利用すること。
参考語:グリーン購入法
グリコールエーテルぐりこーるえーてる
glycolether
2価アルコール(C-OH)のことをグリコールと呼ぶが、2つのアルコール基のうち、1つがエーテル結合(C-O-C)で置換された化合物の総称。グリコールエーテルとして代表的なものはエチレングリコール、プロピレングリコール、イソプレン骨格を有するもの。例えば、ブチルセロソルブC4H9OCH2CH2OHはグリコールエーテル系溶剤の代表的溶剤の1つであるが、グリコール鎖が長いもの、エーテル官能基の異なる物等、様々な種類のグリコールエーテルが洗浄剤として使用されている。単独でも使用されるが、水と混同して準水系洗浄剤として使用されることもある他、フッ素系溶剤や炭化水素系溶剤に混合されることもある。
コアレッサー方式こあれっさーほうしき
coalescer method
コアレッサーフィルターで微小水滴を捕捉・凝集・粗粒化して、比重差分離する方法。
高圧ジェット洗浄こうあつじぇっとせんじょう
high pressure jet cleaning
水または温水を高圧ポンプで通常1〜8MPa(10〜80kg/cm2、場合によってはそれ以上)に加圧し、洗浄目的に応じた噴射ノズルから洗浄水を高圧噴射させて被洗浄物の表面に付着した汚れを除去する洗浄法。
硬水こうすい
hard water
カルシウム塩類およびマグネシウム塩類を比較的多量に含有している天然水を硬水という。これらの塩類が少ない水を軟水という。水中のカルシウムおよびマグネシウムのイオンは、主として硫酸塩と炭酸水素塩からくる。炭酸水素塩で存在しているものは、煮沸して炭酸塩として沈殿させ、軟水化することができることから一時硬水といい、硫酸塩で存在しているものは煮沸しても軟化しにくいため、永久硬水と呼んでいる。しかし、永久硬水でもイオン交換膜や逆浸透膜、キレート剤により軟水化することはできる。
参考語:軟水.
コンタミネーションこんたみねーしょん
contamination
JIS Z 8122によれば、「対象物に何らかの物質が付着、混入、発生することなどによって、対象物が本来持っている機能、性能に好ましくない影響が与えられている状態」をいう。洗浄においては、被洗浄物に付着した不要な物質の総称。洗浄の対象となる汚れ、汚染のことで、金属加工時に使用した油、はんだ付け後のフラックス、塵埃等多くのものがあり、被洗浄物の機能を損なうので洗浄で除去する必要がある。
参考語:汚染、パーティクル
お問い合わせ・資料請求 MORIGO SEIKI
〒674-0093 兵庫県明石市二見町南二見10番2

装置事業部
Tel:(078)944-0808
Fax:(078)944-0806

油圧事業部
Tel:(078)944-0805
Fax:(078)944-0555

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求